ITを専門としている東京の税理士とは

投稿日:

東京でITを専門としている税理士もいます。
この税理士が対応できることの基本は、IT関係の会計処理ですね。
たとえば通信費がいくらといったことや、通信関係の設備投資にかかった費用など、適切に処理してくれます。
これらを経費にできるかどうかで、将来の税金が決まります。
ITを専門とする税理士なら、漏れなくこれを計上してくれるんですね。

この業界は実店舗や在庫などを無理に必要としないため、経費に加えられるものが少ないのが特徴です。
ですから経費にできるものはできるだけ計上していかないと、税金をあまり抑えられません。
なるべく多くの経費を計上したいところでしょうが、このときも東京のIT専門の税理士が相談に乗ってくれます。
経費にできるか微妙なものは、普段からこの業界に関わっているプロが判断してくれますよ。

また、同じ経費にするものでも、計上の名目を変えるとスムーズに認められることもあります。
どうやれば税務署に認められやすいのか、それも税理士が対応してくれますよ。
このようなプロの判断をもらわずに、あれもこれもと経費にいれていると、あとで税務調査が来たときに大幅な修正を求められ、追加徴税がかかることも多いです。
このようなリスクをきちんと避けつつも、できるだけ多くの経費を計上するといった対応もできるのが、この業界に特化した税理士の特徴です。

このほか、起業や経営の相談に応じられることも多いですね。
IT業界はまだ新しい業界で、新陳代謝も激しいですから、この業種で起業したい方や、今後の経営に不安を持っている方からの相談も多いです。
普段からIT関係の多くの企業に関わっている税理士なら、これら相談に応じられます。

元手があまりいらないとよく言われるこの業界ですが、新しく起業するときにどれくらいの資本金があればいいのかといった相談や、今後も末永く経営していくための経営のコツなど、税理士が教えてくれます。
このようにIT関係を専門とする東京の税理士には、このような相談に対応できますよ。