税理士の専門には個人事業主もある

投稿日:

東京にいる税理士の専門には、個人事業主というものもあります。
クライアントの種類を個人事業主に絞っているという意味ですね。
これを専門とする方が対応できるのは、このクライアントからよく依頼されること、たとえば確定申告ですね。

確定申告は一年間の収支の結果を税務署まで申告し、その結果に応じて納税もします。
企業でいうところの決算に近い手続きですが、これを手間に思っている個人事業主は多いです。
この税務は自分でもできるのですが、あとで不備が出ないこと、なるべく節税になるようにやることなどを意識すると、手間が増えていきます。
個人事業主にとっては、これはただの事務作業ですから、本業が忙しいときなど、あまり時間をかけられないことも多いでしょう。
個人事業主から税理士へ相談などされるのは主にこのようなときですから、このクライアントを専門とする税理士の場合、確定申告の手続きの指導や、全手続きの代行などには応じられることが多いんですね。

手続きの指導をお願いした場合、相談者のケースで必要な手続きの内容や、その詳細について教えてくれます。
申告手続き自体を依頼することもでき、このときは東京の税務署まで、その税理士が申告をしてくれます。
プロがやってくれる手続きですから、自分でやるよりも早いですし、不備などが出る恐れも少ないですよ。

このほか、個人事業主からは日々の会計の手続きをすべて誰かにやってほしいという依頼も多く、それに応じている税理士も多いですね。
会計処理とは毎日の記帳のことで、何月何日に収入がいくらあったかといった記録のことです。
仕事のために必要だった経費もここで記録しますから、基本的には毎日、最低でも毎月に1回はこれをしないと、記録する内容がわからなくなったり、申告前になって膨大な量の記録をつけることになります。

これも個人事業主の負担となりがちな手間ですし、やり方がわからないといった悩みも多いですから、税理士の方で指導や代行を引き受けています。
東京で個人事業主を専門とする税理士には、このようなことを相談できます。