会社設立の税理士・司法書士費用

投稿日:

税理士費用

会社設立の際、税理士や司法書士に依頼するという方も多いのではないでしょうか。
確かに自分ですべての手続きをするのは難しいですし、あまりにも手間や面倒がかかってしまいます。
そういう点も加味すると、やはり専門家に頼む方が良いと言えるでしょう。
事実、専門家であれば会社設立も簡単に手続きしてくれますので、安心して依頼することができます。
そこで、ここでは必要となるものに関して説明します。
必要となるのは電話やメールでの相談ですが、それよりも費用のことが気になる方が大半でしょう。
ここではメインとなる費用の点について解説するので、参考にしてみてください。
費用に関してはそこまで高くないので、あまり心配する必要はありません。

まず、税理士に相談する場合、株式会社の場合は20万円前後が費用として必要となります。
合同会社の場合は10万円前後が必要となります。
税理士の場合は、会社の登記などは手続きできないので、その場合は司法書士などにも代行してもらうことが必要となるでしょう。
その場合は司法書士に対して5万円前後の手数料を支払うのが通例となります。
税理士と司法書士を合わせて併用していくと、後々に会社設立してもすぐに対応することができるので、便利に使っていくことをおすすめします。
ちなみに、この手の専門家の場合は会社設立後に必要となってくる税務や決算の業務にも対応してくれます。
特に税金対策や節税を考えているのなら、税理士に相談することは必要だと言えるでしょう。
その他、法律関係の手続きなら司法書士、その他だと行政書士や社労士などにも相談してみると良いです。
専門家を活用すれば、より安心安全に会社を設立させることができるでしょう。

なお、司法書士に依頼すれば手続きのほとんどを進めてもらうことができます。
税理士と併用しない場合は、相場として20万円~30万円ほどで代行してもらうことも可能です。
どの専門家にもそれぞれ得意分野というのがあるので、そこは依頼する時にしっかり考えておいた方が良いのではないでしょうか。
上手に使えば使うほど魅力も出てくるので、そこはしっかりと対応してみることをおすすめします。
そうするだけで、より会社設立もスムーズになってくるのではないでしょうか。
事実、専門家は知識量がとても多いですし、助けられることも多いです。
そこも合わせてまずは考えてみるのが会社設立の第一歩となるはずです。