大阪で税理士を探したい

投稿日:

会社設立 税理士01

大阪で税理士に依頼して会社設立の手続きなどを進めて行きたいという人もいると思いますが、その際に気になるのがどのくらい費用がかかるかです。
ここでは一般的に会社設立手続きにかかる費用はどのくらいなのか、そして税理士に依頼したときとどのくらい差があるのか、さらにどんな税理士がおすすめなのかお伝えしていきたいと思います。

まずは会社設立手続きにかかる費用ですが、これは株式会社か合同会社かによって変わってきます。
株式会社の場合公証人手数料が50,000円、定款印紙代が40,000円、登録免許税が150,000円、その他各種手数料などを含めると240,000円ちょっとかかりますが、合同会社の場合は定款の認証が必要ないので公証人手数料はかからず、定款印紙代の40,000円、登録免許税60,000円とその他各種手数料でおよそ100,000円ちょっとで会社設立が可能です。

定款を紙ではなく電子定款にすると印紙代の40,000円がかかりませんので株式会社だと200,000円ちょっと、合同会社だと60,000円ちょっとにコストカットできます。
ここを税理士に依頼する場合、電子定款の作成ができることを前提にしなければなりませんが、基本的な手続きにかかる費用にプラス20,000円から40,000円かかるのが相場です。

株式会社なら240,000円~280,000円、合同会社なら80,000円から100,000円程度になります。
しかし顧問契約を前提とした契約であれば相場より安くなることも多く、自分で手続きするのと同じくらいのコストでできることがほとんどです。

会社設立のときに税理士を利用する場合、顧問契約しておくと会社がスタートしてからも会計を任せることができますし、確定申告や年末調整などの税務代行をしてくれますから何かと助かります。
つまり顧問契約を前提に探したほうがおすすめですし、しかも会社設立費用も安くなるので一石二鳥なのです。

重要なのはいかに信頼できる税理士を見つけるかという点ですが、税理士の中には行政書士や社会保険労務士、中小企業診断士など会社設立や運営に特化した人がいるので、そういった人だと尚いいでしょう。
会社設立には印鑑届出書や印鑑証明書など必要書類もたくさんありますので、ややこしくなりますし、自分だけで手続きを進めた結果コストがかかり過ぎてしまった…ということにもなりかねませんので会社設立に強い税理士がおすすめです。