不動産専門の東京の税理士

投稿日:

不動産を専門とする東京の税理士によくお願いできるのは、不動産の評価です。
相談者が持っている建物や土地が現金でいくらの価値があるのかを判断してくれるんです。
これがよく相談されるのは、不動産はその価値に応じて税金がかかるから。

税率は何%と決まっているわけですが、具体的に税額がいくらなのかは、その不動産の価値によるわけです。
その建物や土地などが合わせて1億円なのか、1000万円なのかで、税額もまったく違ってくるわけですね。
税金がかかるその東京の不動産にはどれくらいの価値があるのか、それを判断してくれるのがこれを専門とする税理士です。
税金の対象になっている東京の建物や土地について、過不足のない正確な判断をしてくれます。

この依頼内容は、普段から東京で不動産を専門にやっている方でないと、難しいことが多いです。
不動産の価値は判断が難しいため、一般人にはなかなかできないのはもちろんのこと、プロの世界でもそれを専門にしている方でないと、正確な評価は難しいんですね。
東京の不動産専門の税理士なら、これら建物や土地の評価方法をちゃんと知っていますし、普段からよくやっている業務ですから経験も豊富です。
あとで税務署から不動産の評価額について見直しを求められることも少ないですよ。

このほか、不動産にかかる専門の税金についても詳しいですから、それらへの相談を受け付けできます。
土地や建物は一般の買い物とは違い、購入したり、持っていたりすると、普段はかからない特殊な税金がかかりますからね。
これについてわからないことや、困ったことなどあれば、相談できます。

たとえば不動産を最初に取得したときにかかる税金など、相談は多いですね。
これは都税事務所から通知書が来るため、納付自体は簡単なのですが、金額がこれで正しいのか、専門の税理士までよく相談されます。
この税金は特例による軽減措置があるため、それがすでに使われているのか、使われていないなら自分の条件でそれを使えるのかといった相談が多いです。
このように東京で不動産を専門とする税理士には、これに関係する多くの依頼ができます。