会社設立で必要な印鑑は?

投稿日:

会社設立 税理士

・会社設立のための印鑑作成
今回は、会社設立の時に用意しておくべき印鑑について、どのような印鑑が必要なのかを説明したいと思います。
書類の作成にも必要になりますので、必ず会社設立の前に、印鑑制作の会社に依頼して作っておきましょう。

・法人実印は必須
取り急ぎ作っておきたいのが法人実印とよばれる印鑑で、これはその名前の通り法人の実印ということになります。
法務局に印鑑届出書を提出した印鑑が法人実印になり、役所などに提出する書類に押印をする時に使います。
銀行で法人口座を作る時にも、法人実印が必要となります。
この世にひとつしかない印鑑になりますし、悪用されてもいけませんので、代表取締役以外が触れないように、厳重に保管しておく必要があります。

・会社の認印は必要?
会社の認印は社員が印鑑を取り扱わなければならないときに使いますので、前もって作っておいた方がいいでしょう。
ちなみに認印のことを、丸印と呼ぶこともあります。
認印を使うような場面では、法人実印でも代用は可能ですが、実印を使うのは危険性が伴いますので、認印を作って、そちらを使うようにしたほうがいいでしょう。

・角印も必要?
角印は、見積書や請求書などに使う印鑑になります。
会社が発行した書類であることを証明する印鑑になりますので、大切に保管する必要があります。
使用頻度が高い印鑑になりますので、認印と合わせて作っておくといいでしょう。
まれに、角印の代わりに実印を押すケースも見られますがこれは非常に危険ですので、必ず法人実印とは別に、角印を作っておくようにしましょう。

・印鑑制作の費用は?
法人実印を作るときの費用は、素材や刻印によって変わってきます。
複雑な刻印になればそれだけ高くなるし、素材が象牙などの使用価値の高いものになれば、それに応じた費用が掛かります。
だいたい2万円から5万円あたりを、想定しておくといいでしょう。
もちろん、頼み方によっては、もっと高級なものを作ることも可能です。

・印鑑登録証と印鑑届出書
会社設立手続きをする時には、印鑑登録証と印鑑届出書を法務局に提出する必要があります。
印鑑登録証は、個人の印鑑を登録したもので、印鑑届出書は法人の印鑑を登録したものになります。
ちなみに登記手続きの時には発起人と取締役の印鑑登録証が必要になり、それとは別に法人の印鑑届出書も作成して、一緒に提出します。
法務局に提出する書類は非常に多いので、抜けのないようにしっかりと準備してから手続きを行いましょう。